ステージ2 60歳からの体の悩み

函館の出会い(育毛日記101日目)

髪の毛の事をやけに抜けることを
やけに気にしている22年前39歳の頃

仕事もさる事ながら
娘もなんだかんだいいながら

生き延びられていました
私も同じ思いでした。

そんな大変な時でも
何とか、夏の海水浴に行き

木古内だったか
古戦場後にキャンプもしたり

私が好きな昆布館での
昆布の歴史に思いもはせました

外の人間を受け入れない
どこか京都に似ているところが

ある函館です。
いったん信用して受け入れてくれると

懐深く暖かく受け入れて
くれます。

そんな時、私に一大転機が訪れます。
転職です。

保険の道に大転換です。
会社は、鬼の軍曹北海道ナンバー2

営業部長となって、営業員を辞めされていた
かの部長が、辞めるなと止めに

わざわざ函館まで来たのでです。
私が、耳元で手榴弾でぶっ飛ばしやる

と言ってやった彼がです。
ホテルに呼ばれて、レストランで

差し向かいで、紹興酒を飲みながら
好きな所に転勤させるからと

止めるのです。
私は断りました。

その、1週間後にこんどは、
支社長が、会いに来て止めるのです。

私の意志は固く、支社長も諦めました。
円満退社です。

外資系の保険会社に転職して
さらなる茨の道に踏む入れたのでした。

写真は、函館より遡ること18年前アクアラングの仕事で
北海道の最北端の稚内より船で1時間

利尻島にいました。
鬼脇港の一コマです。

北海道大学の先生と、鬼脇漁業組合からの依頼で
海に放流したウニとアワビの稚貝の分布調査です。

船で沖に行き、ボンベを背負って
組合の人に、ここら辺ですって言われて

ドボン!!  場所を変えながら何回か繰り返して
ウニとアワビを採取

大きさを測った後は、組合の事務所で
ウニを食べながらの乾杯でした

もう1枚の写真は、沖縄県の最南端の
石垣島のこんにゃく屋さんの金城宅にお邪魔しました。

金城さんの家には、兄弟や近所の方がよく集まって
泡盛を飲み交わしながら楽しい酒盛りが繰り広げました

泡盛は初めてで、物凄く強くて喉が焼けました
ぷ! はー

♫チャンカ チャンカ チャンカ チャンカ ♬ チャンカ チャンカ
あーいやさー♪ さー!!

九ちゃんのLINE@

-ステージ2 60歳からの体の悩み

Copyright© アラ還からの育毛日記 , 2020 All Rights Reserved.