ステージ2 60歳からの体の悩み

地獄の函館・試練編2(育毛日記98日目)

髪の毛の事なんかこれっぽっちも
考えてきた頃26年前36歳の頃

やむなく、幼いごどもたちを
抱えて函館に転勤です。

辞令が出たら、1週間以内に現地に
赴任しなければならない。

辞令のその日に不動産屋に
アパートの依頼をしながらの引き継ぎ

挨拶回り、色々な書類手続き
3歳の長女には、泣かれてしまい

行きたくないと、お父さんだけ
一人で行けばいいって

そんな、冷たい事言うなよ!
お父さんも寂しいんだから

程なく、部屋も決まり
無事に新しい、土地に来たのです。

総勢15人いた、営業マンも
リストラで5人の営業所です。

その日から、毎日帰宅は朝3時
最初は、嘘だと思いました。

毎日毎日それが、続いて
呆れて物が言えません。地獄です。

1ヶ月で、休めたのは、1日
平均睡眠時間は、3〜4時間

一人で取扱店は、60社以上
家電店、家電ストアー店、車両店

電算システム販売店、農機具
あらゆる業種を広大な道南全域にわたる

そして、債権回収である。
営業所では、全てをこなすのです。

鬼の主任は、営業部長となり
北海道内で辣腕を発揮し、売上の数字を

伸ばしたのです。
その年の営業マンの交通事故は、10件

を越したのです、原因ははっきりしています。
極度のプレッシャーによるものです。

新しく、赴任した所長は私の扱いが上手く
私を最大限に発揮させてくれました。

農機具ルートの売上を上げ
対策を講じた車両部門では北海道で1番

電算システムルートによる
売上でも好成績を伸ばしたのです。

1週間で、寝たのが合計8時間
朝方1時間寝てから、シャワーを浴びて出勤

妻の母は、私が早死にすると思い
7000万円の保険に入れさせられました。

心臓疾患の次女は、函館でも有名な
幼稚園のシスターには、けんもほろろに

かなり、つっけんどんに
何かあれば園の責任は取れなし

とにかく、そんな事は分かっているが
態度で嫌がっているのはあきらかです。

他の幼稚園もそうでした。
そんなに嫌わなくてもいいのに

そんな時、気持ちよく了解でしてくれたのは、
藤幼稚園だけでした。

写真は、函館より遡る事14年前小笠原諸島にいました。
後ろに見える赤錆びの朽ち果てた船は、第二次世界大戦の時に

アメリカの潜水艦の魚雷を受けて座礁したものです。
この島は蛇が一匹もいません。

この島には具志堅さんの親戚がいて野外レストランを営んでいてよく、ビールを飲みました。
10日間バナナハウスに泊まり、パイプウニ、シオマネキ、夜光るきのこグリーンぺぺ

山の奥地に旧日本軍司令部跡、塔地下、燃料備蓄タンク内は今でもビカビカです。
亀の産卵地区、サメの宝庫の東京都小笠原村です。

九ちゃんのLINE@

-ステージ2 60歳からの体の悩み

Copyright© アラ還からの育毛日記 , 2020 All Rights Reserved.