ステージ2 60歳からの体の悩み

育毛日記(61日目)

髪の毛が伸びてしょうがない
なんて思っていた頃35年前

財閥系某電気メーカー系の大会社の
ファイナンス会社経理課勤務になって
しまった。

その3年前、オフィス、ネクタイ、
女子社員、ボーナス、一度経験して

みたいからの短絡的な思いから1社目
入ったのが、運のつき今では銀行系の

会社になっているが、当時は泣く子も
黙る大手サラ金会社に就職したのです。

2年半の内に4回の転勤を経験、旭川の
大型店舗の店長が病気で倒れて入院した、

1年そこそこの私が店長代行、決済、回収、
社員人事考課までつけるはめに。

その間に北海道内の数十店舗内で、当時
喫茶店に置いてあったゲームパックマン

を流行らして、店長会議のおり支社長から
最初に誰が流行らしたんだと聞かれて、

はい!私です
点数は、と聞かれ得意げに答えたのです。

上司を一本背負いで投げ飛ばし
転勤先の上司には、割りに合わないこと

言いましたら殴りますと言い放ち
大阪本社からの、接待のおりお偉いさんは

今日は無礼講じゃ!私はすかさず、サントリーダルマウイスキー2本入れて下さい!

その後、小樽店勤務時代には、
女性を食い物にするやからより女性を助けてアパートにかくまい、

スナックで出くわすなどして逃げたりと、その後、
小樽支店長を命ぜられるが断り辞めたのです。

後々に、わかる事なのですが
私があった事がない、その後の新入社員の間で

語り草となり、その方達が店長となり偶然お会いした時に聞かされて分かった次第です。
あの大変有名だった方が、貴方なのですね!おおー!っと言うばかりで、何が有名だったのか

聞くも、兎に角伝説の人だと言うのです、これ以上は、聞けませんでした。
小心者で、怖がりで、人前に立つとあがり症の私が、髪に誓って言わせて貰えば、今の今までに一人たりとも殴った事は一度もありません。

辞めた後は、履歴書100社以上出して、受けることになるのですが、
その間に、次の就職が決まるまで、ICI石井スポーツでバイトする事となったのです。

山専門とスキー専門の物を扱う店である。 何時もアルバイト先を決めるとき、直接お店に行き
事務所は何処か尋ねて、ここで働かせて下さいと頼んで何時も雇ってもらえたのです。

そんな事でバイト出来たのですから平和な良い時代でした。
このお店は、12月の土日ともなれば1日で売上げ1000万円行くほどいきます。

盛況でバイトが何人いても追いつかないほどです。
ほどなく、売るコツは掴めました。

競技やってるの、そう、滑降?回転?
回転ならば、これと、これかな

真ん中が良くしなるから、コブの上で回転しやすいよ、板の真ん中手でグイグイ押して見せて
ビンディングは、これかな!

靴は、プロも履いてるラング履いてみて決まるまで店のなかを歩きながら馴染ませる
そんな時、山専門の所にラジオパーソナリティーが来て、朴訥な山の担当者がインタビューを受けた、

皆んなで別な売り場で、固唾を呑んでラジオから聞いていた。
女性アナウンサーが、山の何処がそんなに良いんですか? の質問に朴訥な担当の若者が

山に登ったら酒です、酒っきゃないです!  みんな思わず え〜!!!!
山に登ったら酒に決まってます!

酒を飲むんです!  わ〜!!!!
皆んなで思いっきりズッコケタのです。

誰だあいつにインタビュー受けさせたのわ〜!!!!
語り草となりました。

写真は、放浪の旅の最後の香港のとある街角。

九ちゃんのLINE@

-ステージ2 60歳からの体の悩み

Copyright© アラ還からの育毛日記 , 2020 All Rights Reserved.