ステージ2 60歳からの体の悩み

育毛日記(51日目)

髪の毛がわしゃわしゃの頃44年前
目蒲線沿線の雑色駅のほど近い

4畳半一間のアパートにいました。
こたつに足を入れて8人が雑魚寝。

1年間に一人で寝る時は20日も
無かったぐらい誰か彼か居たのです。

お酒を飲んでいるので朝は
仕事に行く友達を起こして

送り出して
学生も時間で送り出して

午後からの授業の人は
ゆっくりと寝かせて居ました。

一体何屋さんだか私も学校行く時間になり
友達を置いて先に出かける。

酒飲みは、お金がなくても飲める
とは昔から言ったものです。

本当でした、誰かが必ず一升瓶を
片手に持って来たので飲めたのです。

悩み、よろず相談オンパレード
どんなに具合が悪くても一度も吐いたことがありません

二日酔いの時はそれなりに辛い
さすがにその夜は、気をつけながら日本酒を一升飲んでなをした

みんなが言う、将来は絶対に九ちゃんはアル中になると
吐かないのは、勿体ないからだと

それは当たらなかった、1回は吐いた。
その時代1ヶ月に30本飲んだがアル中にはなっていない。

私は、それから3年後ここはアフガニスタンのカイバル峠にいた。
パキスタンの国境前です

バス移動ですが、1000メートル谷底に落ちたりします。
ゆっくりと谷底を窓からギリギリの道を見ながら行きます。

昼間はあまり出ないが、夜になると
山賊のパシュトゥン族が力を増すのです。

歴史的にとても古い部族で、その昔アレキサンダー大王の遠征の時も
悩まし大王はインドで死亡、イギリス軍もここで小競り合い

後にロシアもアフガン侵攻で苦戦、ここは歴史が物語っている
アフガニスタンは、山岳民族により自然の城壁で守られています。

無事に山賊にも会わず、谷底にも落ちずパキスタンに到着。
ここは警察が危なく見かけたら逃げないといけない

警察2人で来てバック検査だと言い
話しかけているすきに、薬を投げ入れて

お金を取ろうとする、1グラム1年の刑だ、
長距離横断バスに乗りラホールへそしてインド国境へ

写真は,インド国境地帯です。
ラクダは大きいのになると像ぐらいあります。
近ずくと噛み付いたりします。

 

九ちゃんのLINE@

-ステージ2 60歳からの体の悩み

Copyright© アラ還からの育毛日記 , 2020 All Rights Reserved.