ステージ2 60歳からの体の悩み

育毛日記(46日目)

髪の毛がわさわさのとき、
42年前バイト先である

銀座スエヒロ地下のアンガス牧場
ステーキレストラン

バンジョー弾語りとカントリー
歌手が歌い

私はカウボーイ姿で、
ステーキ運び専門

調理場と、お客様からは壁はなく
ステーキを炭で焼いてるのが

見えるシュチュエーション
コックのチーフは無口である。

副チーフは、細身で何時もピリピリ
奥様が長年にわたり入院後

亡くなってしまい副チーフは
穏やかな顔つきになった。

シチュー担当は、元フレンチで、イスラエルのレストランにいて中東戦争が起きてレストランは、爆破され仕事がなくなり日本に帰国

何時もニコニコした、若い大柄な名古屋のボンボン、元ヤンは8500ccムスタングに乗る。

空手段持ちのとっちゃんぼーやに何故か綺麗な奥様がいる聞いたら、奥様が子供の時よりずっといい続けた言葉、
僕のお嫁さんになるんだよ、うん!なるほど、今で言うマインドコントロール

1階に勤める、ベトナムのトンさん戦争で帰れないんです。
一緒のバイト仲間沖縄県石垣島の金ちゃんに惚れてよく用も無いのに来た。

お客様とも、顔見知りに、土日に必ず来る、5人組の競馬仲間
1キロ近くの、骨つきヒレとロースTボーンを豪快に食べる。

土日は、家族ずれのお父様は、平日は色っぽい女性と来る、どちらも良きパパ。

うら若きホットパンツを履いた、太ももぱつんぱつんの女の子2人、男性2人とくる。
後にすぐにデビューして有名になった、ピンクレディー。

ホールのチーフ身長185センチの、元プロ野球ダイマイオリオンズのピッチャー関さん。
パックネットにぶつかり片肺を失い、今の職につき、各球団の監督が食べにくる。

銀座の路地裏には、老舗の釜飯屋や、定食屋必ず80過ぎの女将さんが働く
コーヒーが好きで、戦時中に蓄音機に針を落とすと音楽が近所に聞こえるから、

小指の爪をレコード盤の溝に乗せて、親指を耳に当ててジャズを聴いたそうです。
銀座の人々は、皆んな粋な人たちばかりです。

それから、1年後ここは西ドイツです。
ユースホステルに泊まり、夕方1人外でビンピールを飲んでると

少年が1人、また1人と目の前に集まり出し20人ぐらい集まって歌い出しました。
ウイーン少年合唱団で凄い綺麗な声で感動しました。

イタリアのローマのテルミニ駅で寝袋で寝ていると、私1人のはずが、朝に駅員からここで寝るな!
起こされて目覚めると、周りには同じ旅行者がたくさん寝袋で寝ていました。

ギリシャのアテネ、パルテノン神殿の下のレストランと言っても安く食べれる店、タベルナ
ここの、座った椅子が紀元前の大理石で出来た石柱である。

近くの倒れた石柱に毎夜寝そべりながら星空に流れる流星群を見ていました。

ギリシャから、陸路でトルコへ渡り、ところどころにローマ帝国の紀元前の都市跡を見ることが出来ます。
円形劇場跡がそのまま残っているのです。

写真は、世界遺産のトルコのカッパドキュア地方のギョレメ国立公園、
その昔キリスト教徒達の隠れ家となった岩石遺跡群です。

一部人が住んでいます。
地下都市もあって、迷路すぎて途中までしか行けませんでした。

九ちゃんのLINE@

-ステージ2 60歳からの体の悩み

Copyright© アラ還からの育毛日記 , 2020 All Rights Reserved.